ページタイトルはSEOでもっとも重要

検索上位を実現するために、最も簡単に行え、かつ絶大な効果をもたらすSEO対策の1つです。
何かのキーワードで検索するとそのキーワードがタイトルに含まれないページはほとんどHITしません。
新しくページを作る時に必ず下記のキーワード選びやタイトルの決め方のコツをマスターしてください。
兎にも角にもこれだけは行っておくべきです。

ページタイトル選び

ページタイトルは、HTMLファイルの<head>タグ内の<title></title>で固まれた文字です。 設定したタイトルは、ブラウザのタイトルバーとタブに表示ます。 また、「お気に入り」に登録した際のタイトルとしても扱われます。 そして、Yahoo!やGoogleの検索結果のタイトルとしても表示されます。 タイトルはそのページのテーマを示す最も重要な箇所であり、検索エンジンはページタイトルのキーワードを最優先させて判断を行います。 ここに上位表示させたい最適なキーワドを含めることが必須となります。 逆にいえば、タイトルに検索キーワードが含まれていないサイトは、検索結果から表示される可能性をほぼ失ってしまいます。 特定のキーワードで検索してみても上位ページから下位ページまで、タイトルにキーワードが含まれる割合に変化がないため、 上位表示の決定的要素ではないかのように見えます。

夕イトルに含めるキーワードを決める

キーワード選びは慎重に決めましょう。誰もが思いつくキーワードは検索ボリュームはありますが、 その分ライバルも多くて上位に表示するのが難しくなってしまいます。 かといってキーワードがマニアックすぎるとそもそも検索する人が少ないので、 Googleアドワーズのキーワードツールを使って月間検索ボリュームも見るといいです。 アドワーズはGoogleアカウントがあれば使えます。 キーワードプランナーで「SEO対策」のボリュームを調べた場合 SEO対策の検索結果 SEO対策の月間検索ボリュームは27,100です。折れ線グラフのマークのところへカーソルを持っていくと年間の検索ボリューム推移がわかります。 流行ものなどトレンドキーワードの場合は部分的にグラフが上昇しています。 トレンドキーワードは先読みしてサイトを作る必要があるので、この場合は無視します。 また、商品名やサービス名、社名などの固有の物は必ず含めるようにする事と、 サイト全体のタイトルをすべてのページに含めるようにする事も大切です。

全角20文字程度でキーワードを1回含むタイトルを作成する

さて、実際にタイトルを変更するにあたって、現状のページのタイトルをチェックしてみましょう。 あなたのサイトは、「全角20文字程度」で、かつ「キーワードが1回含まれている」でしょうか? Googleの検索結果に表示されるタイトルの最大文字数が全角32文字ですが、実際に特定のキーワードで検索すると上位から下位のページまで20〜24文字に収まっています。 タイトルの長さ自体は、検索の上位表示とはさほど関連性はありません。 しかし、検索エンジンがタイトルを最も重要視している以上、上位サイトを参考にタイトルを決めたほうが無難です。

キーワード使用回数

上位サイトでは<title>タグ内に検索キーワードが1〜1 .5 回の範囲で含んでいることがわかります。 キーワードを含めることが有効だといっても5回も6回も含めれば良いというわけではありません。 実際に検索してみても、5回や6回もキーワードが含まれているページは表示されません。 あくまでタイトルとして自然な文章を意識して下さい。すると、多くて1~2 回が限界になってくると思います。 複数のページを作る時も必ずユニークなtitleをつけて機械的でないかチェックしてください。

人聞が見たときに不自然でないか、魅力的であるかをチェック

キーワードの回数や文章の長さなど、SEOに適しているかを意識しすぎると「人間からみて魅力的か」という要素をついおろそかにしがちです。 検索上位に表示されたら実際に人が目で見てサイトを選ぶわけですから、人がよく釣れるタイトルにしましょう。 ただし、あまり胡散臭いと逆にクリックしてもらえなくなるので、ほどほどに・・ 私がよく使う方法は「成果、とHOWTO」を使ったタイトルです。 例えば、「1ヶ月でGoogle検索1ページ目に表示させた方法」「検索上位を独占するための徹底SEO対策」こんな感じです。 そのためには、できるだけキーワードを1ページ=1つに絞込み、限られた文字数の中でユーザーが釣れるタイトルを作成しましょう。

ライバルサイトをチェックしてみる。

先に決めておいたキーワードで検索して上位のサイトのタイトルを参考にしてみましょう。 例えば「SEO対策」で検索して出たページからamazonやwiki、naverなどを省いてリストUPします。 5ページ目ぐらいまでタイトルを集めると、どのようなタイトルが好まれるか分ってくると思います。

このページのまとめ

1、タイトルに含めるキーワードを決める。 Googleのキーワードプランナーを使って検索ボリュームが多く、ライバルの少ないキーワードを選ぶ。 年間の検索ボリューム推移も見て安定的に検索数のあるワードを選ぶ。 2、ページタイトルを決める。 1で決めたキーワードを1回使って20文字程度のタイトルを考える。タイトルを決める際はなるべく機械的ではなく 検索結果のページからクリックしてもらうために、人からみても魅力的である必要があります。 3、タイトル選びのコツ サーチエンジンを使う人の多くは何かの情報を求めて検索しています。○○の方法や、○○対策など・・ページ内に 求める情報がある事を示唆させるタイトルにしましょう。それでも迷ったら先に決めてあるキーワードで検索して ライバルサイトがどんなタイトルをつけているか参考にしてみましょう。


TOPページへ戻る