更新頻度はページの検索順位に影響する

YahooやBingに比べGoogleは更新日を優先しています。
任意のキーワードで検索して上位のページの更新日を確認すると平均で50日前後となります。
Googleではキーワードの関連性が低くても更新から20日程度は上位に表示されやすくなります。
サイト内コンテンツに定期的に更新できる場所を用意して、最低1ヶ月に1回程度更新できるようにしましょう。

サイトコンテンツは定期的に更新できる物にする。

ページの内容を頻繁に更新する為には、定期的に更新できるコンテンツが必要です。 今後ロングテールでのキーワードSEOを強化していく為にもページ全体のテーマに合った内容で更新していく必要があります。 ブログの場合は簡単に追加できる例として「商品のレビュー」「新商品、新コンテンツの更新内容」などがあります。 更新の際は必ず今までのコンテンツを充実させる更新を行ってください。 空白だけの追加やただ上書きしただけだったり、訪れるユーザーに価値のある情報を提供する必要があります。 サーチエンジンで何かを検索する人は必ず何かの情報を得る為に検索している事を頭に入れておきましょう。

何日間隔で更新したらいいのか

これは検索するキーワードによって違いますので、まずは狙っているキーワードで検索してみてください。 そして、3ページぐらいまでの更新日をメモしていきます。 例: Googleでは1ヶ月〜2ヶ月前までに作られたページが多い。 Yahooでは1ヶ月〜4ヶ月前までに作られたページが多い。 上記の結果からそのキーワードでは1ヶ月以内に更新すればサーチエンジンに新鮮な情報と判断してもらえるようになります。 そのページは1ヶ月以内にコンテンツを少しずつ増やしていくようにします。 キーワードによっては1週間以内に更新されているページが多かったり、半年以上前のページでも上位に表示されていたりと 様々ですので、その都度検索して調べてみてください。

効率の良いページ更新の仕方

狙ったキーワードで上位表示させる事は中々難しいです。 最初はGoogleアドワーズのキーワードツールで検索ボリュームの大きさだけ調べてページを作ったりすると思いますが、中々結果はでません。 キーワードを選定するには検索ボリューム以外にもそのキーワードの難易度を調べる必要があります。 実際にそのキーワードで検索してみて上位に大手サイトは無いか、HIT数はどれくらいか、キーワードのマッチ具合はどれくらいか などを調べて選定します。 キーワードに合ったページ作りをしてページボリュームが増えてきたら、次はGoogleanalyticsを使ってページの「集客」→「検索エンジン最適化」→「ライディングページ」から 表示回数の多いページ順に更新していきます。表示回数が多いページを更新したほうがクリックされる確立が高くなるからです。 ライディングページと合わせて、検索クエリのページも見るようにしてください。 自分の意図していないキーワードで多く表示されていたり、検索ユーザーがどのような内容を求めて検索しているか分ります。 更新を繰り返すうちにキーワードでの平均検索順位も上がっていくので、ヤル気につながります。


TOPページへ戻る