独自ドメインでサーバーを契約したらはじめにやる事

最初にFTPツールとHTMLエディタを用意しましょう。
当サイトではFFFTPというツールを使っております。記事を書く時は一度Wordにまとめてから
HTMLエディタはへてむるクリエイターを使ってhtmlにしています。

つづいてサーバー側の初期設定を行います。wwwありとwwwなしのURLを一つにまとめます。
これをしないとサーチエンジンから別々のサイトと評価され内容が同じ為評価されない。
順位が著しく下がるという事がおこります。
今回はwwwありとロリポップのドメインをwwwなしへリダイレクトするように設定します。
ロリポップのドメインはログインするとトップ画面に表示されます。
Htaccessに下記のように記述します。適当なtxtファイルにコピーしてアップロードした後にファイル名を「.htaccess」に変更してください。

//ここから
RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.ドメイン名\.com$ [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^○○○\.loloipop\.jp$
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://ドメイン名/$1 [R=301,L]
//ここまで

意味は「www.ドメイン名commまたは○○○.lolipop.jpにアクセスがあった場合http://ドメイン名/にリダイレクトする」という意味になります。
これで3つあったURLが1つに集約されました。

つづいてFTPにアクセス制限をかけます。当サイトも開設まもない時期にhtmlが改変されhtmlの最下部にiframeタグで怪しいサイトを仕込まれていました。
Ftpaccessに下記のように記述します。適当なtxtファイルにコピーしてアップロード後にファイル名を「.ftpaccess」に変更してください。

//ここから
<Limit ALL>
Order Allow,Deny
Allow from 自分のIP
Deny from all
</Limit>
//ここまで

これで自分のIP以外からはFTPにアクセスできなくなりました。もし間違えて自分でもアクセスできなくなってしまったら、
ロリポップにログインしてwebツールのFTPアクセス制限からftpaccessファイルを削除できます。

googleanalyticsに登録しよう

googleAnalyticsとはgoogleが提供する無料のアクセス解析ツールです。ロリポップには標準でanalogという アクセス解析がついていますが、googleアナリティクスと併用することで自分のサイトがより分析できるようになります。 新しくサイト運営する上で必須といえるツールです。

ユーザー機能一覧

・ユーザー分布 サイトを訪れた人の地域と言語がわかります。 ・行動 新規アクセス者とリピーターの割合、リピート間隔と回数、何秒間滞在したかがわかります。 ・ユーザー環境 OS名、ブラウザ名、ネット回線名がわかります。 ・モバイル desktop、mobile、tablet毎のアクセス数とiphoneやandroidなどのモバイル端末機種毎のアクセス数が分かります。 ・カスタム ユーザーが設定した定義、変数を表示します。 ・ユーザーフロー 訪問者がどのページから来てどのページを見て出て行ったかが分かります。

トラフィック機能一覧

・参照元 検索エンジンやリンク元、リファラーの無い毎にアクセス数が変わります。 ・検索 検索キーワード毎の訪問数、PV数、平均滞在時間などがわかります。 ・検索エンジン最適化 この機能はwebマスターツールのアカウントと関連付けしないと使えません。 サーチワード、表示回数、クリック数とランディングページがわかります。 国別に分けて見る事もできます。 ・ソーシャル ソーシャルネットワーク内からのアクセス、コンバーション数などがわかります。 サイトの目標を設定して使います。 ・コスト分析 利用したキャンペーンのコストと利益を比較して投資収益率や収益単価がわかります。 まだベータ版です。 ・広告 こちらはgoogleAdWordsの入札単価、広告キーワードなどがわかります。

コンテンツ機能一覧

・行動フロー ユーザー機能のユーザーフローと同じです。 ・サイトコンテンツ 訪問者が見たページやディレクトリ毎のアクセス数、ランディングページや最後に見たページの訪問者数もわかります。 ・サイトの速度 ページを読み込むのにかかった時間、pageスピードスコアが見れます。 googleではページ読込みにかかる時間も検索結果に影響します。

TOPページへ戻る